会報「東京と福岡」2024年7月号

東京福岡県人会 会員の皆さま

会報『東京と福岡』7月号が発行されました。
表紙は川崎町「メタバースかわさき 町長アバターとゆるキャラ小梅ちゃん」です。
川崎町では、「人と人のつながり」を大事にし、「人」を中心としたまちづくりをデジタルとリアル双方で進めているとのこと。そのひとつとして今年3月にメタバース空間「メタバースかわさき」をオープンしました。また、観光振興と地域活性化の拠点とすべく「道の駅」の整備を進めているそうです。川崎町を代表する人気イベントに「かわさきパン博」があり、これをヒントに「パンのテーマパーク」をコンセプトにした「道の駅」になる予定とのこと。リアルでもデジタルでもにぎわいそうですね。ぜひ、どちらの「川崎町」も訪れてみてはいかがでしょうか。

「郷土の先達」はその川崎町初代町長の上田清次郎。炭鉱王であり大馬主であり衆議院議員としても活躍されました。「スポットライト」は本年4月に福岡県東京事務所長に赴任された光永雅哉様。理事にも就任いただきます。「あのひとこのひと」も同じく4月に赴任された福岡県東京事務所総務課長の古賀久美様と北九州市東京事務所担当係長の井上篤様。おふたりとも編集委員として、この『東京と福岡』の編集にご協力いただいています。

6月12日に開催した理事会では、収支実績や今期予算に加え、2024年度総会懇親会の開催計画が発表され、承認されました。いよいよ8月から申込みが始まります。皆さま、10月25日(金)のご予定をどうぞ開けておいてください。また、新しい委員会として、女性の会「ソレイユ」が承認され、「未来を創る会」の発展的解散も決定しました。これまでにご協力いただいた方々、ありがとうございました。

国際交流委員会からは、服部知事をはじめとする訪問団が、観光客誘致のためにロンドンを視察された際の英国福岡県人会との意見交換会の模様。また、帰国中のオランダ福岡県人会会長廣瀬淘子様からご寄稿をいただきました。

「お茶にせんね」では、川崎町ご出身の知京豊裕様に、川崎町の知られざる魅力の数々を披露いただきました。

川崎町満載でお届けする7月号、どうぞお楽しみください。

東京福岡県人会
事務局長 大隈 勝也

* * * * *
一般社団法人東京福岡県人会 事務局
TEL.03-3261-2382 FAX.03-3261-2330
https://www.facebook.com/tokyo.fukuokakenjinkai

会報『東京と福岡』7月号が発行されました。

表紙は川崎町「メタバースかわさき 町長アバターとゆるキャラ小梅ちゃん」です。
川崎町では、「人と人のつながり」を大事にし、「人」を中心としたまちづくりをデジタルとリアル双方で進めているとのこと。…

一社)東京福岡県人会さんの投稿 2024年6月30日日曜日



これまで発刊された会報はこちら


東京福岡県人会の入会案内

入会案内はこちら

Translate »