緊急事態宣言解除に伴う当面の県人会の運営について

2020年6月1日

緊急事態宣言解除に伴う当面の県人会の運営について

会員の皆様へ

東京福岡県人会
会長 大須賀賴彦

首都圏1都3県の緊急事態宣言が5月25日に解除されました。
4月7日の宣言発令以来、約50日に及んだ社会経済活動への諸制限が段階的に緩和されます。
会員の皆様には、各々の立場で大変なご苦労があったことと存じますが、 これで正常化への第一歩を踏み出せるようになりました。先ずは喜ばしく思います。

然し乍らコロナ禍の脅威は消えたわけではなく、ワクチンも治療薬も未だ開発途上にあり、第2波、第3波の襲来も高い可能性で予測されています。
現にふるさと北九州市では、この1週間で感染者が急増し、再び制限を強化する事態が起こっています。
第2波の予兆とも思える出来事です。県人会は殆どの行事を休止してきましたが、 宣言が解除されましたので徐々に元の状態に復して行きたいと考えております。

但し、第2波、第3波の感染リスクを避ける為、事態の推移を注意深く見極めながら、慎重にかつ段階的に再開して行くことを基本方針として運営致します。

各委員会、同好会の活動再開に当っては、各部署のリーダーの皆様にはこの基本方針の下で個別に対応して頂くよう以下ご協力お願いします。

(1)総会・懇親会/理事会/評議員会
   開催時期等は、先行き予測が困難につき当面未定

(2)各委員会/同好会
 ①開催に当っては、安全性を十分に考慮した開催ガイドラインの設定をお願いします。
 活動内容が多岐にわたり、一律のガイドライン設定は難しいので
 各会別に実情に実情に即したガイドラインの設定をお願いします。
 設定されたガイドラインは事務局にもご連絡をお願いします。

 ②インターネットを利用したオンライン会議などの活用を推奨します。
 インターネット委員会の協力で「ZOOM会議」の利用手引を、
 7月号会報および会員宛のメールでお知らせいたしますので活用願います。

 ③会報、ホームページ、フェイスブックに各会の広報・連絡記事を掲載しますのでご利用願います。

(3)事務局
 ①6月は現行通り、下記の要領で運営します。 
 ご不便をおかけしますがご了承お願いします。
 (開所時間)10:00?15:00
 (勤務体制)事務局員交替勤務、テレワーク制併用。

 ②県人会会議室の利用
 使用希望の会は事務局にご連絡願います(開所時間以外の時間帯に利用される場合は事前にご相談ください)。
 三蜜を避けるため、会議参加者は最大8名までといたします。





東京福岡県人会の入会案内

入会案内はこちら

Translate »