行橋市に図書館等複合施設「リブリオ行橋」 4月1日オープン

東京福岡県人会 会員の皆さまへ

行橋市が建設している図書館等複合施設「リブリオ行橋」が4月1日にいよいよオープンします。
県人会事務局に、これに関しての情報が届きましたのでお知らせします。

酪農会館(ミラモーレゆくはし)跡の行橋市大橋3丁目で建設が進むリブリオ行橋には、蔵書が27万冊という図書館のほかに、ホールやスタジオ、子どもが遊べるプレイルームなどを備えています。

オープン記念として、市の魅力発信のイベント、「行橋まちなか文化芸術ウィーク」が4月29日から5月9日にかけて同施設と周辺で開催されます。
世界的な指揮者である佐渡裕さんとみやこ町にある育徳館中学・高校管弦楽部により「奇跡のコンサート」や市民企画のイベントなど盛りだくさんの内容で、チケットの販売や参加申し込みの受付が3月1日より始まりました。

また、行橋出身の明治時代の政治家、歴史家である末松謙澄についてのシンポジウムには高円宮寛仁親王殿下の第一女子である彬子女王殿下がご登壇していただきます。

その他にも銀閣寺の初代花方を務めた花士珠寶さんによる献花とトークやデジタルアート展など文化・芸術、歴史の発信地である行橋を感じられるイベントが盛りだくさんです。

ゴールデンウイークに帰省される方は、是非お出かけください。

また現在、佐渡裕指揮「奇跡のコンサート」のクラウドファンディングが、公開中です。

https://www.makuake.com/project/kisekinoconcert/

育徳館中学校・高等学校管弦楽部の学生たちを応援するクラウドファンディングです。
※「奇跡のコンサート makuake」で検索お願いします!

また、行橋市関連の日本酒のクラウドファンディングも公開中です。

https://www.makuake.com/project/azuma20s50s/

このプロジェクトは、行橋市の酒屋あづまと、みやこ町の林龍平酒造場が協力し、新たに挑戦する酒造りを応援するクラウドファンディングです。
行橋産の山田錦、しかも合鴨農法で育てた山田錦を使った親子の絆を深めるお酒です。
※「酒屋あづま makuake」で検索お願いします!

東京福岡県人会の入会案内

入会案内はこちら

Translate »