舞台「めんたいぴりり」明治座公演 9月29日まで

東京福岡県人会 会員の皆さま

会員で、株式会社ふくやの木梨善之さん(福岡市出身)から、ふくやの創業者夫妻を描いた舞台9月明治座公演のご案内が届きましたので、お知らせいたします。

東京福岡県人会 会員の皆さま

辛子明太子を初めて製造、商品化した「ふくや」の創業者夫婦を描いた「めんたいぴりり」。
ドラマ化、舞台化、そして映画化と広がり続ける同作品の新作が、満を持して東京・明治座にて公演決定いたしました。

原作は、博多土産の定番・辛子明太子の誕生を描いた『明太子をつくった男』(川原健・著)2013年にドラマ「めんたいぴりり」が放映されると、各地で大反響を呼び、2015年3月に博多座で初舞台化。
辛子明太子作りに情熱を注ぐ夫婦の生きざまを描いた舞台は、あたたかな感動を呼び、大好評を博しました。

それから4年、満を持して東京・明治座での公演が決定。
新作としてお届けする今回は「未来永劫編」と題し、新たなエピソードを描きます。
博多っ子の思いが詰まった“メイド・イン・博多”の物語が舞台で、新たな感動をお届けします。
ぜひ、お誘いあわせの上、ご観覧ください。

日時 2019年9月22日(日)~29日 開演12:00/17:00

会場 明治座 東京都中央区日本橋浜町2-31-1
   TEL:03-3660-3939

会費 S席11,000円 A席8,000円 B席6,000円  

一般販売 2019年7月28日(日)~

詳細は明治座ホームページをご覧ください。
https://www.meijiza.co.jp/news/20190505/

東京福岡県人会の入会案内

入会案内はこちら